お知らせ

投稿日:

冷やし中華について

MAX FURNITUREのホームページをご覧いただきありがとうございます。

茨城県常総市に自社工場を構え、東京都をはじめ関東近郊や全国を対応エリアとして家具製作事業を展開しております。
MAX FURNITURE(
マックスファニチャー)です。

飲食店などの店舗用什器、オフィスなどの大型家具、一般のご家庭向けの一般用など、幅広い用途の家具を自社で設計し、自社工場で製作しています。

こんにちは。

 

冷やし中華とは、冷たい中華麺に酢醤油やゴマダレなどのタレをかけて食べる料理です。
具材には、ハム、きゅうり、トマト、玉子焼きなどが使われます。
夏に食欲がなくなるときには、さっぱりとした冷やし中華がおすすめです。

では、冷やし中華はいつから日本で食べられるようになったのでしょうか。
その起源には諸説ありますが、一般的には昭和30年代(1955年~1964年)に東京で発祥したとされています。
当時、中華料理店の店主が、暑い夏に客を呼び込むために考案したメニューだったと言われています。
その後、テレビや雑誌などのメディアで紹介されて全国に広まりました。

しかし、冷やし中華の原型となった料理は、もっと古くから存在していました。
それは、中国の四川省や湖北省で食べられている「涼拌麵」(りゃんばんめん)です。
これは、冷たい麺に辛いタレやナッツなどを混ぜて食べる料理で、日本の冷やし中華よりも刺激的な味わいです。
この涼拌麵は、清朝時代(1644年~1912年)にはすでに存在していたという記録があります。

また、日本では江戸時代(1603年~1868年)にも、「素麺」(そうめん)という冷たい麺が食べられていました。
これは、小麦粉を細く引いた麺を茹でて水で洗って冷やし、出汁や醤油をつけて食べる料理です。
素麺はもともと中国から伝わったものですが、日本で独自の発展を遂げました。

以上のように、冷やし中華は日本と中国の文化交流の産物と言えます。時代や地域によって様々な変化を遂げながら、今でも多くの人々に愛されている料理です。

あなたもこの夏、冷やし中華を楽しんでみませんか。

MAX FURNITURE
〒303-0041
茨城県常総市豊岡町乙3240-1
TEL:0297-44-4220 FAX:0297-44-4222

お知らせ
-, ,

関連記事

万年筆

万年筆

こんにちは。 茨城県常総市に自社工場を構え、東京都をはじめ関東近郊や全国を対応エリアとして家具製作事 …

賢い生き物 その2

賢い生き物 その2

茨城県常総市に自社工場を構え、東京都をはじめ関東近郊や全国を対応エリアとして家具製作事業を展開してお …

防災対策 キッチン編

防災対策 キッチン編

茨城県常総市に自社工場を構え、東京都をはじめ関東近郊や全国を対応エリアとして家具製作事業を展開してお …

最近の投稿

2024/04/12

紙幣の素材とその歴史

2024/04/11

春が旬の魚

2024/04/10

酒盗とは

2024/04/09

三色団子

2024/04/08

モヤイ像

施工事例  お問い合わせ