お知らせ

投稿日:

コンタクトレンズについて

MAX FURNITUREのホームページをご覧いただきありがとうございます。

茨城県常総市に自社工場を構え、東京都をはじめ関東近郊や全国を対応エリアとして家具製作事業を展開しております。


MAX FURNITURE(
マックスファニチャー)です。

飲食店などの店舗用什器、オフィスなどの大型家具、一般のご家庭向けの一般用など、幅広い用途の家具を自社で設計し、自社工場で製作しています。

 

こんにちは。

今日はコンタクトレンズについてです。

 

# コンタクトレンズの種類
コンタクトレンズは、素材や装用方法、交換頻度、機能などによってさまざまな種類があります。ここでは、代表的なものを紹介します。

## 素材による分類
コンタクトレンズの素材には、主にハード(硬性)とソフト(軟性)の2種類があります。それぞれの特徴は以下の通りです。

– ハードコンタクトレンズ
– 黒目よりも一回り小さいサイズで、硬いプラスチック製のレンズです。
– 乱視の矯正に優れています。
– 酸素透過性が高く、目の健康に良いです。
– 装着感や違和感が強く、慣れるまで時間がかかります。
– 落としたりずれたりしやすいです。
– 手入れが簡単で、長期間使用できます。

– ソフトコンタクトレンズ
– 黒目よりも大きく、水分を含んだ柔らかい材質のレンズです。
– 装着感や違和感が少なく、すぐに慣れることができます。
– はずれにくく、スポーツなどにも適しています。
– 酸素透過性が低く、目の乾燥や疲れを引き起こすことがあります。
– 手入れが面倒で、交換頻度が高いです。

## 装用方法による分類
コンタクトレンズの装用方法には、終日装用と連続装用の2種類があります。それぞれの特徴は以下の通りです。

– 終日装用コンタクトレンズ
– 起きている間に装用して、寝る前に外すコンタクトレンズです。
– 目に負担をかけないようにするために、1日の装用時間は8時間程度が目安です。
– 目から外した後は、専用の液体で洗浄・消毒・保存する必要があります。

– 連続装用コンタクトレンズ
– 眼科医の許可があれば、眠っている間も装用を続けることができるコンタクトレンズです。
– 酸素透過性が高く、目の乾燥や炎症を防ぐことができます。
– 装用期間は1週間から1か月程度で、その後は新しいレンズと交換します。

## 交換頻度による分類
コンタクトレンズの交換頻度には、1日使い捨て、2週間頻回交換、1か月定期交換、コンベンショナル(長期使用)の4種類があります。それぞれの特徴は以下の通りです。

– 1日使い捨てコンタクトレンズ
– 一度目から外したら再使用しないコンタクトレンズです。
– レンズケアの必要がなく、清潔で衛生的です。
– 目の状態や予定に合わせて使い分けることができます。
– コストが高くなることがあります。

– 2週間頻回交換コンタクトレンズ
– 目から外した後はレンズケアを行い、2週間ごとに新しいレンズと交換するコンタクトレンズです。
– レンズケアをしっかり行えば清潔で快適です。
– コストパフォーマンスが高いです。

– 1か月定期交換コンタクトレンズ
– 目から外した後はレンズケアを行い、1か月ごとに新しいレンズと交換するコンタクトレンズです。
– レンズケアをしっかり行えば清潔で快適です。
– コストパフォーマンスが高いです。

– コンベンショナル(長期使用)コンタクトレンズ
– レンズケアを行いながら長期間使用するコンタクトレンズです。
– レーシック手術などで視力補正が困難な場合や特殊な乱視などに対応できます。
– レンズケアが面倒で、目の健康管理が必要です。

 

自分に合ったコンタクトレンズを探したいです。

 

MAX FURNITURE
〒303-0041
茨城県常総市豊岡町乙3240-1
TEL:0297-44-4220 FAX:0297-44-4222

お知らせ
-, ,

関連記事

お盆について

お盆について

MAX FURNITUREのホームページをご覧いただきありがとうございます。 茨城県常総市に自社工場 …

ドリンクバー

ドリンクバー

MAX FURNITUREのホームページをご覧いただきありがとうございます。 茨城県常総市に自社工場 …

鏡開き

鏡開き

茨城県常総市に自社工場を構え、東京都をはじめ関東近郊や全国を対応エリアとして家具製作事業を展開してお …

最近の投稿

2024/03/01

家具のクッション材

2024/02/29

タラの芽

2024/02/28

ふきのとう

2024/02/27

春の雲の種類

2024/02/26

ノート

施工事例  お問い合わせ