お知らせ

投稿日:

プラスチック製品

MAX FURNITUREのホームページをご覧いただきありがとうございます。

茨城県常総市に自社工場を構え、東京都をはじめ関東近郊や全国を対応エリアとして家具製作事業を展開しております。
MAX FURNITURE(
マックスファニチャー)です。

飲食店などの店舗用什器、オフィスなどの大型家具、一般のご家庭向けの一般用など、幅広い用途の家具を自社で設計し、自社工場で製作しています。

こんにちは。

プラスチック製品は気づくと劣化していたり変色していることがありますね。

どうすれば劣化が防げるのでしょう?

プラスチックは日常生活に欠かせない素材ですが、時間とともに変色したり、ひび割れたり、破損したりすることがあります。

これらの現象は、プラスチックの分子構造が変化することによって起こります。プラスチックの分子構造が変化する原因としては、主に以下の三つが挙げられます。

– 熱:高温にさらされると、プラスチックの分子間の結合が弱まり、形状や性質が変わります。逆に低温にさらされると、プラスチックが硬くなり、脆くなります。

– 光:紫外線や可視光などの光にさらされると、プラスチックの分子に酸素や水分が付着し、酸化や加水分解などの化学反応が起こります。これによってプラスチックの色や光沢が失われたり、強度や弾性が低下したりします。

– 湿度:高湿度にさらされると、プラスチックの表面に水分が吸着し、内部に浸透します。水分はプラスチックの分子間の結合を妨げたり、化学反応を促進したりします。

 

では、プラスチックの劣化を防ぐにはどうすればいいのでしょうか?一般的な方法としては、以下のようなものがあります。

– 熱から保護する:プラスチック製品を使用する際は、直射日光や火気などの熱源から遠ざけることが重要です。また、冷蔵庫や冷凍庫などの低温環境に長時間置くことも避けましょう。

– 光から保護する:プラスチック製品を保管する際は、暗所や日陰に置くことが望ましいです。また、紫外線カットや反射防止などのコーティングを施すことも有効です。

– 湿度から保護する:プラスチック製品を保管する際は、乾燥した場所に置くことがおすすめです。また、防水や防湿などの加工を施すことも効果的です。

プラスチック製品を長持ちさせるためには、熱・光・湿度から適切に保護することが必要です。

プラスチックは便利な素材ですが、劣化しやすい素材でもあります。その特性を理解して、正しく扱いましょう。

MAX FURNITURE
〒303-0041
茨城県常総市豊岡町乙3240-1
TEL:0297-44-4220 FAX:0297-44-4222

お知らせ
-, ,

関連記事

母の日

母の日

こんにちは。 茨城県常総市に自社工場を構え、東京都をはじめ関東近郊や全国を対応エリアとして家具製作事 …

最近の夜。

最近の夜。

茨城県常総市に自社工場を構え、東京都をはじめ関東近郊や全国を対応エリアとして家具製作事業を展開してお …

封筒の種類について

封筒の種類について

MAX FURNITUREのホームページをご覧いただきありがとうございます。 茨城県常総市に自社工場 …

施工事例  お問い合わせ